たれぱんのびぼーろく

わたしの備忘録、生物学とプログラミングが多いかも

権利売買の形式と特徴

  • 財産権 (株式)
  • 利用権
  • 会員権

権利は対象が飛んだら無価値になる。それはそう。
財産権なら、財産をふっ飛ばした会社の株は紙屑.
利用権なら、利用価値が吹っ飛んだ施設の利用券は紙屑.
会員権なら、会員のメリットが吹っ飛んた会員証は紙屑.

実例1. 会員権 - VALU

個人発行の会員権とそれを売買する市場のセット.
会員への提供サービスは発行主に一任、義務等は明示されない.
2020春に売買市場の閉鎖, 権利証の処遇は発行主に一任.

VALUが吹っ飛んだが、みんなが当初からずっと指摘してきた通り、会員権の価値が吹き飛ぶリスクが顕在化した。
正確には会員証売買市場が飛ぶわけだが、途中解約不可の前払い会員証を買わされる形になるわけで、まぁそういうことである.

決してVALU ltd.が邪悪だったわけでも、設計が根本から的外れだったわけでもないと思う.
会員権ビジネスが1つ吹っ飛んだ、それだけ。
価値を生み続けてる会員権だってこの世にはあるし、スキャムな会員権もある.
学べそうなことといえば

  • 提供サービスの質が悪い会員証は廃れる
    • ババは誰かが引く
  • 1回払いかつ売買可能な永久会員証は難しさが色々ある
    • 提供サービスの財源

くらいだと思う.
同じような仕組みのゴルフ会員権はビジネスとして回っているわけで「VALUは上手くいかなかったんだね、お疲れ様」というところかと。
R.I.P. VALU

達成不可能な目標

目標値のみに拘って理想的な状態とかけ離れていくことしばしば.

その時人はどう行動するか

水はひび割れを見つける

達成不可能な場合、達成しているかのように見せ始める.
達成困難かつ容易な迂回方法がある場合、ひび割れを見つけて魅惑されそこに流れていく.

GitHub webhooks

GitHub Actions

workflow/event.jsonにworkflowをトリガーしたwebhookのpayloadがある. (GITHUB_EVENT_PATH環境変数にこのpathが保存されている)
Virtual environments for GitHub-hosted runners - GitHub Help

JavaScript Actionなら@actions/githubのcontext.payloadにpayload stringが入っている.

GitHub Actions provide context information about the webhook event, Git refs, workflow, action, and the person who triggered the workflow. To access the context information, you can use the github package.
Creating a JavaScript action - GitHub Help

Oculus Quest推奨開発環境@2019-12-28

Unity

version: 2019.2

Oculusの推奨のうちlatestは2019.2
Compatibility and Version Requirements

2019.3にあげてURPを使いたいかもしれないが、現段階ではQuestでまともにURP使えない状態の模様.
Unity 2019.3.0f1(RC1) を試す(追記 12/07) | 趣味の伝道
https://forum.unity.com/threads/production-ready-rendering-for-oculus-quest-in-unity-2019-3.795120/

Vulkan

未対応
Unity Integration | Developer Center | Oculus