読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たれぱんのびぼーろく

わたしの備忘録、生物学とプログラミングが多いかも

javascript & HTML 実行環境

JavascriptとHTMLが動く環境、その詳細

組み合わせ最適化問題、数理計画法etc
-> 問題
Argmax…

確率的勾配降下法, 量子アニーリングetc
アルゴリズム、計算方法

量子コンピュータ
-> ハードウェア

量子計算 -> なんぞ

Node.js プロジェクト開始手引き

  • git init
  • npm init

gitは.git directory,
npmはpackage.json
が命
これさえあればgitとnpmが消えても大丈夫(のはず)
でもコード自体が吹き飛ぶと元も子もない. なのでGitHubのプライベートリポジトリをリモート.
これで万事オッケー!
復旧したいときはGitHubから落としてきて、npm installかな?

gitにバージョンとかあるのか
node.jsのバージョンってpackage.jsonに載ってる?

GitHubのさらなるバックアップを取るか否か
GitHubは手動で触るから、誤操作のリスクが高いのよね

electronはnpm installで何とかなるのか…?

再代入できる世界とできない世界の違い

今、数学の世界にいます

x = 1
y = x + 2
yは? => 3 (当然だろ)
-----------------------
今、プログラミングの世界にいます

x = 1
x = x + 2
xは? => 3 (当然だね)

相変わらず、プログラミングの世界にいます
x = 1
■■■■
x = x + 2
xは? => …確定しない。だって■■の中を見ないとわからん.
■■が空行だったら x == 3 だろうけど、
■■が x = x + 1だったら x == 4だもん.
-----------------------
数学の世界に戻りました

x = 1
■■■■
y = x + 2
yは? => 3 (当然だろ)

数学をするときに、 x = x + 1はしません.
つまり、数学では再代入をしません.
逆に言えば、プログラミングでは再代入が認められます.
そして上記の例が示したように、再代入を認めると、全ての式を見ない限り、値が確定しないのです.

現物を対価とする第三者割当増資

現物出資とは、金銭以外の財産による出資をいいます。動産・不動産・債権・有価証券・無体財産権のほか、事業の全部または一部も現物出資の目的物とすることができます。第三者割当増資の方法で行われる事が多いですが、株主割当増資、第三者割当増資のいずれの増資についても認められます。株式譲渡制限会社において、第三者割当増資の方法による現物出資を行う場合は、原則として株主総会の特別決議を経る必要があります。
capitalevolver.com

アイデア出し

イデア出し

定義

「アイデア」とは

「出し」とは

なにがアイデア出しではないか

手法

手法とは

・好き勝手ではない ・枠組み
 →枠組みとは。トートロジーではないか
・決まり・規則
 →従うべき約束
→すべきこと・してはいけないこと
    →義務・推奨・禁止

なにが「手法」ではないか

イデア出しの手法

手法の分類

分類の観点
* 必要資源 + 人数 + 時間 + もの(物資、道具) + 金銭 *

Node.js stream

内部バッファ

internal buffer, internal queue

When chunk is not null, the chunk of data will be added to the internal queue for users of the stream to consume.

push it into the internal buffer.

If the internal read buffer is below the highWaterMark, and the stream is not currently reading, then calling stream.read(0) will trigger a low-level stream._read() call.

Buffering# Both Writable and Readable streams will store data in an internal buffer that can be retrieved using writable.writableState.getBuffer() or readable.readableState.buffer, respectively.

Data is buffered in Readable streams when the implementation calls stream.push(chunk). If the consumer of the Stream does not call stream.read(), the data will sit in the internal queue until it is consumed.

Once the total size of the internal read buffer reaches the threshold specified by highWaterMark, the stream will temporarily stop reading data from the underlying resource until the data currently buffered can be consumed (that is, the stream will stop calling the internal readable._read() method that is used to fill the read buffer).

Data is buffered in Writable streams when the writable.write(chunk) method is called repeatedly. While the total size of the internal write buffer is below the threshold set by highWaterMark, calls to writable.write() will return true. Once the size of the internal buffer reaches or exceeds the highWaterMark, false will be returned.