読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱんだのびぼーろく

わたしの備忘録、生物学とプログラミングが多いかも

論文リスト

テンプレート

* 論文名
  - 作者
  - 発表年
  - ジャーナル
  - DOI
  - 概要
  - 重要度(1-5)
  - 理解度(1-5)
  - 保存の有無

Brain-Machine Interface

  • Real-time control of a robot arm using simultaneously recorded neurons in the motor cortex

    • John K. Chapin, Miguel A. L. Nicolelis, et al.
    • 1999
    • Nature Neuroscience
    • 10.1038/10223
    • ラットM1およびVL thalamusのSUA同時多点計測とPCA+aNNによるレバー操作、つまり細胞外記録による1次元BMIの初実証
    • 1
    • 詳細がよくわからない、PCAとaNNの勉強足りない感じ
    • 有り
  • Reach and grasp by people with tetraplegia using a neurally controlled robotic arm

    • Leigh R. Hochberg, John P. Donoghue, et al.
    • 2012
    • Nature
    • 10.1038/nature11076
    • ヒト四肢麻痺患者のM1からSUA多点同時計測によるBMI。三次元端点速度と把持の同時コントコールに成功。 channelあたりのunit threshold crossing rateを一定のbin(100nsなど)で切ってカルマンフィルタにかけてBMI
    • 1
    • 概要は理解、カルマンフィルタなどの解析部が不明瞭
    • 有り
  • Quadcopter control in three-dimensional space using a noninvasive motor imagery-based brain-computer interface

    • Karl LaFleur, Bin He, et al.
    • 2013
    • IOP science
    • 10.1088/1741-2560/10/4/046003
    • 実三次元空間でのEEGによるドローンの操縦。12Hz componentの左右差によって左右回転・上下運動を実現。
    • 1
    • 解析部および評価(metrics)のあたりが不明確。
    • 有り
  • Operation of a brain-computer interface walking simulator for individuals with spinal cord injury

    • Christine E King, Zoran Nenadic, et al.
    • 2013
    • Journal of NeuroEngineering and Rehabilitation
    • 10.1186/1743-0003-10-77
    • EEGによる画面内のアバター操作(前進or停止)。被験者はSCI患者5人。
    • 4
    • まだabstract, method, conclusionをざっと読んだだけ
    • 無し

locomotion

  • Newly Identified 'Glutamate Interneurons' and Their Role in Locomotion in the Lamprey Spinal Cord

    • JAMES T. BucHANAN AND STEN GRILLNER
    • 1987
    • Science
    • PMID: 3563512
    • 電気記録によるヤツメウナギ脊髄神経回路の推定と、それによる中枢パターン生成器(CPG)の検証
    • 2
    • 一通り読んだ、手法が略されすぎて微妙
    • 有り
  • Patterns of Synaptic Inhibition in Motoneurons and Interneurons During Fictive Swimming in the Lamprey, as Revealed by Cl- Injections

    • Jonathan A. Kahn
    • 1982
    • Journal of Comparative Physiology・A
    • 10.1007/BF00609843
    • ヤツメウナギ中枢における、二相性膜電位変化の研究。Contralateral and Caudal Interneurons(CCINs)とLateral Interneuorns(LINs)の過分極相に関する研究。
    • 重要度(1-5)
    • 理解度(1-5)
    • 有り